トップ / 喫煙でビタミン破壊によりシミに

たばこをやめてシミ治療

喫煙でビタミン破壊によりシミに

たばこを吸うことでシミができる

たばこを吸うことで、お肌にシミができやすくなります。しかし、これはなぜなのでしょうか?たばこは肺や気管支を悪いイメージはありますが、お肌とどう関係しているのでしょうか。

たばこを吸えば、体内にニコチンが入ります。このニコチンが血管を収縮させてしまい、血流を悪くしてしまうのです。そのため、肌に本来行くべき栄養が届きにくくなってしまうのです。
栄養が届かない肌は新陳代謝が乱れやすくなり、肌のくすみやシワ、シミができやすくなってしまうのです。

しかも、ニコチンには強い依存性があります。吸えば吸うほど、たばこをやめにくくなってしまうでしょう。

たばこのせいで肌に栄養が届かない状況が続くと、「栄養がこないので、新しい細胞が作れない」「古い細胞を体外に排出できない」状態が続きます。既にこの状況で、メラニン色素を肌の外に出すこともできなくなり、シミになってしまうのです。

もうひとつ軽視できないのが、ビタミンCとの関連性です。なんと、たばこを1本吸うと、25ミリグラムのビタミンCが消費されてしまうと言われています。成人が1日に必要としているビタミンCはおよそ100ミリグラムですから、数本のたばこを吸うだけで、その日に摂取したはずのビタミンCが奪われてしまうのです。肌のために必要なビタミンが、たばこのせいでどんどん破壊されてしまうのですね。

たばこを吸い続ければ、肌はどんどんシミだらけになり、くすんでいきます。喫煙しながら美肌を保つのは非常に難しいことなのです。シミ治療をするなら、まずは禁煙から始めましょう。
どうしてもたばこがやめられない人は、専門家のもとで治療を受けることをおすすめします。その禁煙治療が、シミ治療への第一歩になるはずです。